第5期免許留学のお申し込み締め切りは2024年7月21日(日)。
皆さまからのお申し込みをお待ちしております。

CROSS TALK

参加者のホンネを聞く

・参加したきっかけは?
・地域での交流はどうでしたか?
・免許留学の忘れられない思い出は?

ENTRY FORM

お申し込みはコチラ

【第2期】すみれ様のホンネ

CROSS TALK

【第2期】参加者すみれ様のホンネ

すみれ さん第2期参加者

参加者大学生

渡邉百萌

免許留学事務局

渡邉

1ヶ月間の滞在はいかがでしたか?

すみれ さん

想像していたよりもずっと充実した1ヶ月間でした。免許取得だけでなく、地域の方々との交流や観光などと、様々な経験ができて、思い出が詰まった留学となりました!

渡邉

地域での交流はできましたか?

すみれ さん

日々の生活の中で地域の方々と関わる機会が多く、有意義な時間が多かったです。

一緒に海の図書館の壁を青く塗ったり、船に乗らせていただいたり、藍染体験をさせていただく中で、地域の方々のそれぞれの人生観や覚悟が伝わってきて、かっこいいなと。

どんな仕事に就くにしろ、今回地域の方々から受けた印象を忘れずに働くことができたら、強く、楽しく、自分らしく過ごせるだろうと思いました。

渡邉

自分に対する気づきはありますか?

すみれ さん

一番の気づきは、普段何気なく大学生活を送るうちに、知らず知らずの間に、自らの視野を狭めていたのだということでした。今回、地域の方々や免許留学のメンバーと1ヶ月間過ごしてみて、自分の興味や夢に真っ直ぐに生きている人が多いという印象を受けました。

私は、もともと町づくりには興味があったのですが、大学生活とのバランスを考えると、なかなか足を踏み入れられずにいました。今回の免許留学は、春休みというまとまった休みを利用して、普段経験できないことをしてみたかったという面が大きかったです。実際に、この1ヶ月間、多くの人と関わる中で、新しい生き方や価値観と出会い、ハッとさせられることが多かったです。

また、自分とは生まれ育った環境や、選んできた道が異なる方々と関わることで、刺激を受けるのと同時に、かえって、自分の個性に気づかされることもありました。こういう気づきの仕方は、積極的に行動しないと得られないものだと思うので、今後は、行動力を身につけて、もっと柔軟に、気楽に、自由に生きていこうと思いました。

 人々があたたかいだけでなく、松の向こうに海が見える津田の景色には、心を和ませ、またすぐに訪れたいと思わせる魅力があります。

渡邉

一番の思い出は何ですか?

すみれ さん

決められないですね…
でも、津田の海で地域の方もみんなで集まって楽器を演奏したことが特に印象に残っています。海の音とみんなの演奏が混ざって、忘れられない素敵な思い出となりました。

他には、友達の髪を藍染めしたことが記憶に鮮明に残っています。(笑)

髪を藍で染められること自体に驚いたし、時間が経っても色が綺麗に入っていて、藍染め恐るべしと思いました。私も今度津田に行く時は、髪を藍染めしたいです!

渡邉

教習所での思い出はありますか?

すみれ さん

教習所は、免許資格のためだけにあると思っていたのですが、さんがわ自動車学校は、教習以外の時間にも大窪寺や桃園に連れていってくださりと、香川の良さをたくさん伝えてくれました。

どうしたら私たちが香川を身近に感じて、地域に関わることができるのかを考えてくださっていることが伝わってきて、とてもありがたかったです。

最後に先生方を招待して、宿泊先で天ぷらを一緒に食べたことも印象深いです。

渡邉

免許留学を終えて、ほかに印象深い思い出はありますか?

すみれ さん

香川にもともと住んでいる方だけでなく、意外と、津田の魅力に惹かれて外から移り住んできた方が多くて、今後の津田の可能性を感じました。私も、今回の免許留学を通して、まんまと津田に魅了されました。

人々があたたかいだけでなく、松の向こうに海が見える津田の景色には、心を和ませ、またすぐに訪れたいと思わせる魅力があります。東京に帰ってきた今でも、ふとした瞬間に思い出して、懐かしくなります。
今後、津田には頻繁に訪れたいし、何かしらの形で免許留学にも関わっていくことができたら嬉しいです!

執筆:免許留学事務局 渡邉百萌

PAGE TOP